• ☆当ブログはリンクフリーです   特に連絡は必要ありません

天気

ワンクリック募金です

 

Powered by Six Apart

shinobi

« ジェンマ | メイン | ヒョースンGT250R »

2008年8月 4日 (月)

ブラストバリアー取付

イナズマの高速通行時の風圧がかなりつらいので、以前から気になっていたデイトナさんのブラストバリアーを取付てみました。

注文は今回はBikeBrosさん経由で…。
注文から1週間ほどで家に届きました。

説明書は入っていたけど、他の方のブログを参照しつつやってみました。

1日目…。

まずヘッドライトレンズをとりはずす…。
「ヘッドライトカバーにある2〜3個のネジを取り外せば簡単にとれます」との情報を得、イナズマを見ると3つのネジがついてました。まず、正面のネジを外してみました。簡単に取れましたが、中のバネが外れてケースの中に…。チョッとあせりつつ、横についているネジに取り掛かりました。でもどうしても回りません。
家のドライバーではこのままがんばるとネジ山をなめちゃいそうで断念…。ケースの中に取り残されたバネの事が気になりつつ作業を中断。



ここは外さなくてよかったようです(´д`、)

2日目。
職場から借りてきた持ち手がT字になったドライバーで挑戦してみると簡単にネジは回りました…。工具もそれなりじゃないと、素人には簡単な作業も難しくなっちゃうんですね(^^;)
でも今回は仕事を終え帰宅してからの取り掛かりだったのでネジを外せる事を確認し、初日にカバーの中に取り残されたバネを救出し、元の場所に取り付けて本日の作業?は終了…

3日目。
バイク屋にエアフィルターとスパークプラグの交換に行き、ヘッドライトの光軸をついでに調整していただきました。
どうもありがとうございました(__)

帰宅後涼しくなってから作業開始!


でとりはずしてみた写真です。中は錆だらけsweat01
配線がゴシャッとしているので少しひるみましたが、コネクターは簡単に外れました。

次はヘッドライトステーの横のボルトを外して、ヘッドライトステーとケースの間にブラストバリアー取り付け用のステーを差し込み、仮止めします。



仮止めしたステーにいよいよブラストバリアー本体を仮止め。


こんな風に倒して取り付けたら結構楽に組めましたnote

スクリーンを一番後ろまで下げた時に取付ステーと、メーターケースが接触する場所にラバーを両面テープで貼り付けます。

ここまできたら、ヘッドライトを元に戻して、各部を増し締めすれば完成



今回のまとめ

作業時間 2時間ほど…。多分なれてたら30分弱ほどで終わると思います。自分自身の不器用さに愕然とした3日間でしたshock

使用したもの 蚊取り線香1巻
部品代  送料、代引き手数料込みで14000円ちょっと

新車で購入して早3年8ヶ月…。当初はすぐ大型に乗り換えるつもりもあり、お金がなくフルノーマルで乗っていましたが、やっとカスタムしてみました。
ちょっと印象が変わって私的にはイイ感じかな。

走行時のインプレはまた後日

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/397448/18243238

ブラストバリアー取付を参照しているブログ:

コメント

作業は遅くても、確実に作業することが大事ですよ。ネジの締め忘れで、せっかく取り付けた物が駄目になったら悲しいですもん。オイル交換時にバイク屋に行った時に、イナズマさんがありました。現物は初めてみたので、跨ったりしてみました。「う〜ん。やっぱりセクシーなお姉さん!」グラマーな張りが悩ましい。。。。タイヤ太いですね!それと、E/gが前に乗っていたGSX−R400Rと通ずるデザインなのが目に入りました。型式がKから始まるので、結構近いのかな???

仰るとおり確実な作業を心がけます〜。イナズマのタイヤの太さは長所でもあり短所でもあると思います。スタイル、安定したコーナリングはいいんですが、お値段高めでチョッとつらいです…。シートの下にGSX400FSXと記載がありますがイナズマは油冷なんでRとはエンジンフィールがたぶん違うんじゃないかと思います。なんといいますか高回転域の感じは独特で、最高に気持ちいいです(^^♪

Me and this article, stiting in a tree, L-E-A-R-N-I-N-G!

コメントを投稿